カイロプラクティック・ケアについて

かけがえのない私たちの身体、もっと大切にしてほしい、もっと健康を意識してほしい

カイロプラクティックとは

 

22年前のアイスホッケーでの怪我が進行し、腰椎5番目と仙骨の間がかなり危険な状態です。それと、驚くことに頚椎のカーブが逆カーブになってしまいました。その当時は知識もなかったので1ヶ月の入院で、その後は大した治療もしていませんでした。その結果がこれです。

症状:体を動かさないと酷い腰痛、不眠、右下肢の筋力低下、右上腕の痙攣、右肩の痛み。22年前のたった1回の怪我がこれだけの症状を作るんです。私たちの体は姿勢を変化させ、いかようにも対応します。症状が出る頃には長い年月が経っているということです。

 

カイロプラクティックは、脳と体の各部位をつなぐ神経系に特化した治療です。私たちの体の中では想像を絶する働きを各臓器が日々行なっています。その伝達を受け持つ1つが神経系です。

神経系は、各部位からの情報を脳に伝え、処理された情報は脳から各部位に信号として伝達されます。まさに神経系は私たちのライフラインなのです。

現代の食生活や生活習慣・精神的ストレス・物理的ストレスなどが原因でその神経系に様々な悪影響を及ぼします。その結果、神経系の情報伝達量は低下し脳に届きます、脳は情報量の低下を異常と感知し誤作動を起こし信号を各部位に送ります。これが長期間続くことによって色々な症状が現れてくるのです。

本来、人間の身体は健康を維持することが出来る機能があります。それは、正常な神経伝達があってこそです!その正常な神経系を維持するのがカイロプラクティックなのです。

保険治療とは違ってカイロプラクティック・ケアでは、患部だけでなく、痛みや症状の原因を科学的根拠の元にケアを行います。

私たちは、病気になったら病院へ行きますが、この病院へ行って治療を受けるという行為が、新たに病気を招くことが最近アメリカで問題視されています。アメリカで発表された統計によると、年間200万人の入院患者のうち、10万人が入院当初にはかかっていなかった病気で亡くなっています。10万人と言えば、アメリカでは交通事故で亡くなる人の2倍にあたります。

世界の医師の間で広く読まれている、最近のアメリカ医学会誌によると、アメリカでは薬害により約10万人、その他の医療ミスを加えると20万人もの人が死亡していると報告されています。

病院は必ず必要なところであって、悪いと言っているわけではありません、薬が人の体に悪いのです。

近年アメリカでは近代西洋医学に基づく通常医療を受けると共に、それと並行して、補完・代替医療を試みる人の割合が増えています。なぜか?西洋医学で治らない病気が一向に減らないからです。

そのため、アメリカ国立衛生研究所(NIH)では、代替医療の研究を進め、一定の成果が出ると、すぐに科学的なアプローチをかける姿勢でいます。その点、日本はかなり遅れています。私たちが知らないところで世界は動いているのです。(村上和雄 『人はなぜ祈るのか』から)

料金

カイロプラクティック・ケア

初回コンサルテーション 当院負担
アジャストメント 一般 4,000
18才以下・学生 3,000
同日内のアジャストメント(2回目以降) 一般 3,000
18才以下・学生 2,500
HI-voltage 500
FaST(筋膜リリース・全身) 6,000
(アジャストメントと併用の場合・1部位) 1,500
US(超音波) 500
KT(キネシオテープ) 100〜

ファミリーカイロプラクティック・ケア・プラン

初回コンサルテーション(1人) 当院負担
2人でファミリー・ケア(1人) 3,500
3人でファミリー・ケア(1人) 3,000
ファミリープランの学生 2,500

背骨のカーブについて

なぜ背骨にはカーブがあるのか?

私たちの背骨のカーブはただ脊髄や神経を守っているだけではありません。背骨は、重たい頭を支えるために、適度なS字カーブを描いています。これを脊椎の生理的湾曲(S字カーブ)と言います。

直立して生活をしている人間にとって、この生理的カーブはとても大切な役割を担っています。S字カーブは、重力を分散するサスペンションの役割をし、歩行での地面からの反発や、重たい頭を支えるための筋肉の負担を和らげているのです。ですから、なんらかの原因で生理的カーブが崩れると、分散がうまくいかずに一点に負担がかかるようになります。

生理的カーブの崩れは、湾曲が強くなる場合と、湾曲が少なくなる場合があります。湾曲が強い場合は、猫背やお腹が前に出るような(出っ尻)姿勢になります。仰向けに寝たときに、腰と床の間に隙間が出来るのも、湾曲が強い場合です。湾曲が少ない場合は、背中が真っ直ぐになり、一見姿勢が良いように見えますが、これも正常からははずれた形です。どちらの場合も、クッションの役割が弱くなるので、筋肉の負担が大きくなり、長期間にわたると椎間板への負担が大きくなり、さらに、骨と骨との間隔が狭すなることで神経症状や骨の変形と様々な症状が出てきます。

カイロプラクティック・ケアは、本来のキレイなS字カーブを維持し椎間板への負担を減らすことができます。

椎間板について

人間の体には、頚椎6個、胸椎12個、腰椎5個の23個の椎間板が存在します。背骨の骨と骨の間にあり上下の骨をつなぎ合わせ位置を保っています。

椎間板はとても重要な働きがあり、例えば、私たちの行う動作で、おじぎをしたり、腰を反ったり、体をひねる動作は椎間板がなければ行うことができません。それと、歩いたり走ったりと地面からの衝撃を背骨のカーブと共に椎間板が吸収してくれています。背骨から出る神経も椎間板がそのスペースを確保しています。

何らかの影響で椎間板が薄くなることで、骨と骨との間隔が狭くなり神経症状が出るのはそのためです。椎間板が薄くなる原因は様々あります。カイロプラクティック・ケアは健康な椎間板や正常な背骨のカーブを維持するためにとても有効的な治療です。