交通事故による影響

交通事故にあって初期には、自覚症状がなくても後から痛みなどを感じられる方が多くいらっしゃいます。特に頚椎にはかなりの物理的ストレスがかかっています。レントゲンでは異常がないのに、頭痛·吐き気·めまい·耳鳴りなどを訴える方がいます。

その原因は、首がムチのようにしなることにより、椎骨動脈やその周囲の交感神経·神経叢が障害を受けることで症状が出てきます。放置しておくと、背骨のカーブ(背骨のカーブについて)まで変化しさらに、症状が増えることが予想されます。

そうなる前に、早期の正しい治療を当院ではお勧めします。

むち打ちとは?

交通事故、スポーツ外傷などで強い外力が瞬間的に加わることによって首が『鞭のように』しなることを言います。(整形外科では頸部捻挫という診断です)
外力がどの方向から加わったかが最も重要な損傷部位の特定情報になります。

首の骨、周囲の軟部組織には相当な物理的ストレスがかかり、ダメージを負うため、事故の大小に関わらず、医療機関での精密検査をしっかりと受けて、早期治療をお勧めします。

当院では、ムチウチ症に対して、首周囲の筋肉の安定性が出るまでは自律神経へのアプローチをしていきます。筋肉の弾力感が出てきたらソフトに骨へのアプローチをしていきます。